セキュリティが整っている物件を選ぶ

賃貸を探しているなら防犯対策は万全に

進学や就職などを転機として、賃貸に転居するケースはよくあります。もし物件を探しているなら、防犯対策は万全にすることを心がけましょう。まずはセキュリティが整っている物件を重点的に探すことが大切です。どのような設備がそろっているのか、それぞれの物件を十分に比較しましょう。防犯カメラが設置されている物件ならば、不審者の対策につながります。また、TVモニタホンが設置されていると部屋の中にいたまま対応できますから安心です。他にもオートロックやチェーンなど、ドアのセキュリティについてチェックすることも忘れないようにしましょう。管理人が巡回している物件なら、いざという時に相談することができますので頼りになります。

正式に契約を結ぶ前に点検したいこと

気に入った物件が見つかった場合でも、いくつかの注意点があります。契約した後で後悔しないためにも、正式に契約を結ぶ前に点検しておきましょう。不動産会社に依頼して内覧を希望するのはとても良い方法です。特に窓について確認することが重要です。鍵やガラス窓の強度について確かめましょう。二重窓や雨戸つきの物件ならば、安全性が高くなります。また、ベランダが設置されている場合は外から侵入しにくいかどうか、念入りにチェックしておきます。特に道路に面している物件は周辺の環境も確認しましょう。人通りが少ないと外部から侵入しやすくなる危険性があるからです。さらに、窓の近くに街路樹がある物件も注意が必要です。木を登って侵入される怖れがあります。