初期費用が購入するよりも安い

住宅の購入はハードルが高いから賃貸を選ぶ

引っ越し先を選ぶときに購入という選択肢を持つ人はあまり多くないでしょう。購入するとなればローンを組んだり、資金を用意するなどハードルが大きく上がります。一方、賃貸住宅であれば、そこまで大きな準備は必要ありません。ある程度の初期費用はかかりますが、購入に比べればかなり安いです。また、購入するためには大きな資金が必要になるので、銀行などと交渉する時間や手間がかかります。その点、賃貸であればほとんどの場合自己資金だけで対応できますので、そのような交渉の時間は不要です。ただし、賃貸であっても初期費用が少ないとはいえ、資金はあらかじめ用意しておく必要があるでしょう。賃貸を借りるためには、初めに数十万円程度支払うことになるケースが多いからです。

初期費用が安い賃貸物件

賃貸物件の初期費用としてかかるのは敷金や礼金、前の住居の家賃などです。地域によっては敷金がなかったり、礼金が必要ない場合もあります。それであれば、初期費用はさらに安くなるでしょう。また、賃貸物件の初期費用を低く抑えようとするのであれば、シェアハウスという方法があります。シェアハウスであれば、初期費用はデポジットと事務手数料だけです。一般的な賃貸物件に比べても、さらに安くなることが多いはずです。1万円~5万円以内で初期費用が収まることも珍しくありません。シェアハウスの初期費用は退去時に問題がなければ、ほとんどの場合返却されます。不動産会社の仲介手数料がないことも初期費用が少なくなる要因になっています。